家計に負担を掛けない

家計を任されている人にとって、いかに無駄なく生活をして貯蓄をしていくかがとても大事になります。毎月の生活の中で固定費は毎月支払っていかなければいけません。それとは別に食費やレジャー費など毎月変動がある出費があります。生命保険は固定費として、年払いか月払いで設定している人が多いです。

しかし家庭の変化によって必ず保険の見直しをする必要があります。特に増税にもなった事で、毎月の負担がどんどん増えていきます。そのためムダなものが無いか、生命保険を見直す事で保険料を減らす事ができます。

特に保険は加入していないと不安と考えている人が多い為、どのような目的で保険に加入しているのか把握できていない人もいます。そのため保障の重複、必要な保険に入れていないケースもあります。そこで家庭の保険を見直す時に世帯収入の10%以上保険料を支払っている場合は、見直しする必要があります。20%を超えてしまっている家庭もある為、不景気や急な出費があった場合、今まで支払い続けていた保険を解約しなければいけない可能性も有ります。

もし何かしらの病気になってしまうと、一気に加入できる保険が限られてしまいます。そのため家族がみんな健康な時に保険を見直してなるべく負担が無く必要最低限の保険に加入しておくようにしましょう。