保険料の平均

今生命保険をあらためて見直す人が増えています。不景気が続き保険料を支払うのが負担と感じる人もいれば、保険内容が適していないかもしれないと不安に思う人もいるでしょう。保険は各家庭によって価値観が異なります。万が一の事を考えて大きな保障が無ければ不安だという人は生命保険料を高く設定している可能性が高いです。もちろん保障が高ければ高い方が誰もが安心して生活できるでしょう。

しかし生命保険は支払い続ける事で保障が受けられるので、無理な保険料の設定をして支払えなくなり解約をしなくてはいけない可能性も出てきます。そのため必要な保障は何か、各家庭によって保険料としていくら支払う事ができるのか検討してみましょう。

そこで一般的な保険料の平均を知っておくと、保険料の目安になります。保険料は収入に対して3%から10%以内で設定すると無理なく支払う事ができます。月収30万円の家庭であれば、1万円から3万円までを保険料として運用していきましょう。その保険料で家族全員の生命保険を補わなくてはいけません。主な生計者に対する保険を充実させ、万が一の時に安心して生活できるようにしておきましょう。保険は無理なく支払い続ける事ができる金額の中で、いかに充実したものに加入するかが大事です。

生命保険の役目

何かしらの生命保険に加入しているという家庭が多く、保険は万が一のことがあった時に安心して生活する事ができる一つの手段となっています。特に子供が小さいときは、どちらかが子育てに専念する場合が多く、家庭の収入源が低下してしまいます。そんな時に更に生計者に何かあった場合、預貯金がなければ生活に困ってしまいます。万が一のことが起きでも安心してしばらく生活していくための補てんとなるのが生命保険の一番の役割だといえます。

そこでどの程度の保険金があれば安心して生活する事ができるのでしょうか。その判断は各家庭の生活レベルによってもことなります。小さな子供がいる家庭では一人当たり2000万円の教育費が必要だと言われています。そのため将来の不安解消のためにも子供の教育費は十分確保しておく必要があります。主な生計者を無くして配偶者が働いたとしても子育てと仕事の両立では思うようにいかず、収入が安定しない場合が多いです。そのためどうしても高い保障が必要になります。保障が高い保険はどうしても保険料も高くなってしまう為、保険の内容と保険料を比較してから加入するようにしましょう。

生命保険は支払い続ける事で、万が一の保障を得ることができます。しかし無理な支払計画によって、保険を解約してしまうのが一番損です。そのため世帯収入の3%ぐらいから10%未満で計画を立てるようにしましょう。保険の解約をしてしまうと、保障が受けられないだけでなく、もし何かの病気にかかってしまっていた場合、新たに保険に加入する事ができなくなってしまうので注意が必要です。